2015年05月20日

信州駒ヶ根・花桃の里とデカ盛りソースカツ丼ツーリング140427

過去の撮り溜めしたツーリングイベントを少しずつアップしてます。
昨年の140427のツーです。

久々の長距離ツーに行って来ましたよ~!

コミュ恒例の花桃ツーリングですが、毎年この時期、昼神温泉の園原の里に行ってましたが、さすがにここもメジャーになり、年を追うごとに激混みになってきていたので今回は場所を駒ヶ根市に変更での実施です。



ここは大正解!幸いにもまだ知名度が低く観光客もまばらでした~笑
まるで万華鏡の中に放り込まれた世界でしたよ~笑








ここも数年後には知名度も上がり激混みになるんでしょうね・・泣

ただ車の駐車場が少なくこれからが大変だと思いますね。

駒ケ根中沢地区花桃の里 ここはお勧めですよ。

行きがてらの駒ケ岳を見ながらの広域農道も走りやすく絶景でした~!

満開の花桃はまさに桃源郷の名にふさわしい赴きある農村地区でした~!

一度食べてみたかったデカ盛りソースカツ丼!!

伊那の志をじ ここもお勧めですよ~






その美味さと半端無い分厚さにはびっくりです!
カツ丼の大はもう罰ゲームのボリュームです 笑

最後は温泉でまったり~笑





参加していただいた皆さん今回もありがとうございました!
  


Posted by 醜猫 at 17:06Comments(0)長野県

2012年05月07日

花桃の里(昼神温泉郷・月川温泉)お花見ツーリング

GWの真っ只中の5月4日に南信州の昼神温泉郷にある園原の里に花桃を見にツーリングに行ってきました。
週間予報は当初降水確率が高く中止も覚悟してたが、幸い静岡県は快晴、現地曇り予報と好転!
前日、花桃の開花状況も8分咲きとのことで当日満開を期待しての決行である。

この日も期待と興奮でなかなか眠れない・・・ツーリングの時はいつもそうである。(笑)
朝、4時起き5時自宅出発、なんと朝自宅出発時にはカッパを着るほどでも無いが小雨がぱらついていた。
由比から参加した仲間は朝ゲリラ豪雨だったと言うから、最近の天気は油断ならない。
幸い西に行くにつれ天気が回復に向かい、掛川辺りからは遠くの山々までハッキリ見えるほどの快晴になった。
初めての新東名を利用して朝7時に集合予定である道の駅:鳳来三河三石に到着。
今回は総勢11名 久々の大人数のマスツーである。125ccの小型バイク~1300ccのビッグバイク スポーツタイプからネイキッド・ビッグスクター・アメリカンと皆好き好きのバイクが揃う。

新東名は全体的に道幅が広くトンネルの中も緊急時にも待避ゾーンとして利用できるスペースがあるくらいの広さである。(安易に駐停車できないよう当然コーンで仕切られているが)将来は全て3車線化を見込んでいるのであろう。

皆、平均120㌔位で走っており、非常に走りやすい道である。今回、新静岡ICから浜松いなさICまで走ったが、自動速度違反計測のオービスらしき物が一切見当たらかった。どうやら聞いた話では区間ごとに通過時間を計っており、速度オーバー車を自動カメラで録画した画像を元に割り出し、後日呼び出しがあるとの事でオービスが見当たらないから・・と安心してはならない。

自己紹介後イザ出発時に早々のアクシデント発生!なんと携帯が不調!インターネットが使えなくなり、携帯ナビが利用できず・・・汗 電話もメールも不可・ルート・食事処・温泉等の全ての保存データが見えない。ただの携帯カメラになってしまった・・汗・汗・汗 そんな訳で、急遽、ナビを持っている仲間の方に先導をお願いする。

山間部に行くにつれ気温は下がり、あいにくの曇り空の為やはり寒い。ダウンを着込んで来て正解だった。

2回に休憩を挟んで予定より30分遅れで昼神温泉の園原の里に到着!午前10時だというのに中央道の園原ICから園原の里まで約3㌔程の山道は車や観光バスの大渋滞である。

渋滞をすり抜け園原の里に入ると・・・・すごい!!息をも呑む美しさである。村全体が花桃で覆われている・・・!曇り空のなか時折晴れ間が覗く天候であったが、それを吹き飛ばすほどの色鮮やかさである。

白や ピンク、赤の花桃がまさに満開で優美な景色を作り出し、まさに桃源郷とはこの事か・・・!!!





ここはお勧めです。癒されますよ~!花桃祭りは今週中までやっていると思いますが、終わってもこの上流か街道沿いの清内路ではまだまだ身頃が続くと言われてます。
昼神温泉郷・園原の里
浜松から約3時間で行ける距離で道も走りやすく、街道には道の駅も充実しており現地以外は全くの渋滞知らずで来れました。ただ、園原の里ではトイレが少なく男女性トイレは各2つしか無く、特に女性用は長蛇の列でしたから、何とか新設してほしいと思いました。
(仮設のトイレもありましたが、工事用のトイレ風で汚いから敬遠されてました)

約2時間ほど散策と食事をした後、近くの昼神温泉郷にあるゆったりーな昼神(500円)の日帰り温泉にてまったりしました。


ここは毎年の恒例コースにしたいと思いました。

参考ルートhttp://drive.yahoo.co.jp/map/RTqqH7BTnWOJGQtVG6zg--/detail

総走行415㌔ 愛車レブル燃費36.58





  


Posted by 醜猫 at 21:55Comments(1)長野県

2011年10月24日

シーズン最期・美ヶ原ビーナスラインツーリング

10月23日に美ヶ原ビーナスラインにツーリングに行って来ました。雪に閉ざされる前になんとか…と思い、今回は総勢13名でのマスツーリングになりました。

先日よりの雨で天気予報は引き続き雨の予報で諦めの雰囲気の中、ギリギリで現地当日の予報が朝方から降水確率も20~30%曇りのち晴れへの予報に変化!(笑) 予報を信じて最終的にツーリングを強行決行!

結果は大正解でした!(笑)期待と天気の不安から、殆ど眠れない夜が明け、朝5時30起床!朝方まで雨が降っていた様子で外は濡れている。まだ薄暗いなかバイクの準備をして自宅を6時出発。曇り空のなか集合地に6時30到着 集合は天気の関係から1時間ずらしての7時である。

山梨・長野に行くにつれ空も明るさが増し期待が膨らむ。関東組と双葉SAで合流、下は156ccの見た目原付のアドレスのボアアップ車~上はハーレーの1500ccと10倍の排気量差のバイク達!アメリカンからネイキッド等やら多種多様のバイク仲間である。この自由な雰囲気がまたいい!!
(ド迫力のハーレー)

(原付の皮をかっぶた狼!アドレス改156cc 峠バカ早!!)









































さすがに計13台でのツーは迫力がありますね~!!

往路は曇り空に覆われてましたが、午後からは天気も晴れ間がのぞき、白樺湖~大門街道の道すがらの木々はもう紅葉が身頃で最高の景色が広がりました。















扉峠~美ケ原高原に向かう途中 我々を拒むかのような濃霧!濃霧!

何度走ってもその様相が変わるビーナスラインは最高に美しいラインですね~!





























当初は美ケ原高原より先の王ケ頭まで行く予定でしたが、天候と時間の都合上キャンセルしましたが、ベテランの仲間の先導も有り、帰りの小淵沢までの田園風景が広がる下道も素晴らしくスムーズな走りを満喫できました!!(笑)

参考ルートhttp://drive.yahoo.co.jp/map/RTkiMtCuHWOJBYnYAReg--/detail

総走行440㌔ レブル途中燃費37.5でした。


  


Posted by 醜猫 at 22:49Comments(2)長野県

2011年08月08日

天空の里・日本のチロル下栗の里~しらびそ高原ツーリング

7日に日本のチロルと呼ばれる長野県の飯田市上村の下栗の里にツーリングに行ってきた。

あいにくの曇り空のなか袋井から県道~152号の秋葉街道をひたすら北上、その頃には天気も蒸し厚そうな陽が広がりましたが、下界とは違いやはり山間部は涼しいですね~。長野県と静岡県の国境を綱引きで決める国取り合戦が行われる兵越峠を超えて遠山郷へ!!

この秋葉街道も自然に囲まれのどかで走りやすい道が続きます。一転、兵越峠は舗装林道ですが、道も狭く落石・落ち葉が散乱し、険しいカーブが行く折りにも続きます。こういうのもまたワクワクする楽しい道です。






























兵越峠からの眺め(ここが一番天気が良かった)



















































軽自動車しか通れない程の狭い道の急斜面を登ると棚田のような村・下栗の里はありました。
まさしく天空の里ですね・・・・美しいですね。日本の原風景です。

「田舎に泊まろう」のロケ地・スタジオジブリがアニメ制作にあたり下栗を取材等で近年知名度が広がったようですが、生活するには厳しい環境でしょうね~いわば日本の限界集落です。
この日も多くのバイカーや観光客がその美しさに見入ってました。








このビューポイントまで行くのが結構大変ですが是非、その目で天空の里の全景を見る価値はあると思います。こんな道を延々と20分位歩きますが森林浴にもなります。






















期待していたしらびそ高原では案の定、曇り空に覆われ南アルプスは望めませんでしたが、晴れていたらここも息を呑む絶景でしょうね~
 

































事前に確認しておいたジンギスカン定食がレスト側の手違いで用意できず、レスト側の厚意によりメニューには無い鳥肉のジンギスカン風の特別メニューを格安の850円で頂くことが出来ました。

















帰りは151号周りで各道の駅で休憩、道の駅めぐりは楽しいですね~!
でもあんなに高原は涼しかったのに下界は暑い!暑い!

最後の道の駅:グリーンポート宮嶋で解散後に一時ゲリラ豪雨に遭遇(汗)

今回も楽しくバイクと自然を堪能しました! また行こ!! 

総走行460キロ レブル燃費36.55でした。




  


Posted by 醜猫 at 17:22Comments(4)長野県

2011年05月10日

日帰りで五稜郭ツーリング

静岡から日帰りで五稜郭を見にツーリングに行って来ました。
五稜郭と言えば函館が有名ですが、なんと長野にも五稜郭があったんですね~!

しかも日本で函館とここ長野の佐久市の2つしかない五稜郭です。

龍岡城五稜郭これは是非見たい!

タイミング悪く好天気が続く前後の7日の今にも泣き出しそうな曇り空のなか、 静岡から約4時間で長野県佐久市にある龍岡城五稜郭に到着です。

石垣とお堀は当時の面影を残してますね~
散策するとお掘りが鋭角に折れ曲がっており星形をしてるのがわかります。


土手には桜並木がありましたが、先月のツーリングが雨で流れて今回のリベンジでしたが、2週間違いで桜は散った後でした。
桜が満開ならさぞ美しいんでしょうが、散桜と古城もなかなか風情がありますね~。





混乱の幕末に於いて、お家柄、幕府軍として官軍(倒幕軍)と戦わなければならないと覚悟した先見力ある藩主が武器も戦力も劣るなら、せめて籠城戦なら互角に!と函館に続き日本に2つしかない洋式築城に最期の夢を託したんでしょう…

今は城内は学校となってますが、御殿の一部御台所のみ現存保存されてます。
















マイナーな場所ですが、貴重な歴史的遺産ですから、保存の為にももっと観光整備して欲しいものですね~。

食事は小海町の風とり
ここはお勧めです。信州牛の唐揚丼がこのボリュームで750円の激安バカ旨!


















途中のみずがき湖から信州峠



























































































山桃?とアメリカン 

今回往復400㌔ 燃費リッター40㌔超えました!





  
タグ :五稜郭


Posted by 醜猫 at 17:42Comments(0)長野県

2010年11月16日

木曾・奈良井宿と寝覚の床ツーリング

先日の13日仲間と長野県の中仙道・奈良井宿と寝覚の床にツーリングに行って来た。

富士から精進湖道路を抜ける甲府に行く道すがらの山々は絵の具を散りばめた様な程の紅葉でした。

長野はもう紅葉は終わりかなと半分あきらめていましたが、まだまだ見事な紅葉でした。


浦島太郎伝説が残る寝覚の床の奇岩群は圧巻です。






ここで食べた猪の味噌煮込みは肉も柔らかくピリ辛風味で美味しかったですよ~!(1000円)

奈良井宿は今年の春以来でしょうか・・・ここはお勧めですよ~!
妻籠・馬篭宿より観光化されてない所が良いですね~。
でも前回来た時より、今回はかなりの人出です。

江戸時代の情緒が色濃く残る風情に心癒されますね~。

























































この街はまさしく時間が止まったままですね~。


今回、総走行495㌔ 途中燃費35㌔でした。
















  


Posted by 醜猫 at 21:26Comments(4)長野県

2009年06月24日

白樺湖ビーナスライン美ヶ原高原ツーリング

ネットのツーリング倶楽部の皆さん計4人で美ヶ原高原まで行きました。4月中旬の時だったでしょうか…

静岡からですと往復400キロ強の距離です。朝6:30に集合し、いざ、山梨県・長野県へ北上する。まだまだ4月とはいえ静岡と違い北上するにつれ寒さが身にしみる…しまった!厚着をしてくればと悔やむ…。

途中、武田神社により休憩参拝。尊厳な神社に癒やされる。
R17号より白樺湖~R142より美ヶ原高原を目指す。

標高が高くなるにつれ、雪がまだ積もっていました。とても寒い。白樺湖で熱いコヒーを飲み一服。皆で談笑がまた楽しいですね~。
白樺湖の休憩時にさすがの寒さに耐えきれずカッパを着る事にした。

本当にビーナスラインは美しいですね~!特に美ヶ原高原は標高2000㍍もあり、そこからの景色は絶景です。
360゜絶景のなかのワインディングは感動と感激そのものです。

頂上は標高が高いだけあり、雪も積もっており、まだまだ冬そのものです。
頂上からは曇り空のなか、浅間山と上田市内が一望できました。
あっという間に長野県に入っていたんだという感じでした。

頂上のレストランで食事をして皆んなでバイク談義がまた楽しい一時です。
とてもハードなスケジュールのなか、遠くまで来たんだなぁ~と今回のツーリングに感激し、次回のツーリングを皆で約束しました。14時半帰路へ。

バイクは全てを癒やしてくれますね~。

帰宅19:30走行450㌔燃費約34㌔でした。



























  


Posted by 醜猫 at 03:12Comments(0)長野県