2009年12月19日

行方知れず猫

我家の感謝知らず猫です。避妊手術も済んでます。と言っても近所の公園のメスの野良猫です。自宅はアパートの為にペットは飼えません。彼女との付き合いはもう3年目になるでしょうか。

いつもの散歩中に見つけ、ほぼ毎日散歩がてら餌をやりに行ってますが、今夏頃に突然今までの居場所から姿を消し、一時行方不明になりました。

約2ヶ月間探し、もう死んでいるかも・・とも覚悟しましたが、人づてに目撃情報を聞きながら探し続け、やっと生存確認と居場所を見つけ安堵しました。
その場所はこの子が子猫の時に捨てられていた場所でした。帰省本能なんでしょうか…可哀想に…

何か心無い誰かに竹の棒で追い立てられたらしいと聞き、怒りを覚えます。

彼女は今までの場所では危険を感じ、住まいを変えたんでしょう!

ここの公園は広大で周りは日本平の山々に囲まれています。

捨て猫も多く定期的に猫狩り(駆除)なるものを実施してるとも聞きます。

どこの公園にも見かけるように『猫が増えて困っています。猫に餌を与え無いように』との立て看板も建てられておりますが、捨て猫は後を絶ちません。

避妊もせずに飼い、安易に子供が生まれたからと捨てるマナーの悪い飼い主が一番悪いのですが、現実問題、捨て猫が後を絶た無く増えている以上、餌を与えず、ただ飢え死にするのを待つという事を意味する立て看板にも腹が立ちます。



  続きを読む


Posted by 醜猫 at 15:51Comments(0)

2009年01月06日

生き残った!!


元日の日に近所の神社に初詣に行き、いつもの公園を散歩しました。

その公園の子猫がこんなに大きくなりました。

この寒さのなかで生き残った子猫です。

残り4匹の子猫は全く2ヶ月位見掛けません。

寒さに勝てなかったんでしょうか…

たくさん食べて生き残るだぞ!
  


Posted by 醜猫 at 11:59Comments(0)

2008年12月07日

楽しくない!




我家の感謝知らず猫です。
秋口の写真でしょうか。

楽しくない!と言わんばかりの表情です。

怖いんでしょうね~

またそこが、かーあいいですね!

我家の猫は非常に臆病な猫です。
やっとのことで、ここ迄、抱き上げる事が出来るようになりました。

まだ完全に抱き込む事は許してくれません。

ま!気ままに、気長に付き合いたいと思います。

癒されますね~



  


Posted by 醜猫 at 04:30Comments(0)

2008年10月06日

生存競争

























いつもの公園での子猫の様子です。

捨て猫と思っていたら、どうやら、ここの捨て猫の成猫が出産した猫のようです。少しホットしました。この成猫ももともとは捨て猫の子猫でしたが、毎日の様に散歩がてらにエサを与えて成猫になりました。

現在、確認出来ている子猫は合計6匹で、以前真っ黒な子猫は最近2週間ほど全く見かけません・・・・・(カラスにやられた可能性有り)
警戒心が強く、めったやたらと人前には全員揃う事はありません。
無事を祈るのみ!

たくさん食べて生き残るんだぞ!!
    


Posted by 醜猫 at 16:12Comments(0)

2008年09月29日

我家の感謝知らず猫

















































我家の感謝知らず猫です。今年の初春の時期の時の写真です。

やっとここまで触る事が出来ました。

撫でる事を許されたのは出合って3ヶ月位の事でしょうか・・・・それまではエサを食べたら茂みの中に隠れるの繰り返しでした。

全く感謝する事を知らない猫です。まあ~そこがまたかわいいんですね。

我家は貧乏アパート暮らしな為ペットは飼えません。ましてや、私より猫好きの妻は猫アレルギーときてます(笑)。

ですから、この野良猫を勝手に我家の感謝知らず猫として、毎日の散歩がてら会いに行きます。

猫に見返りを求めてはいけません。

猫は常に自分勝手なままが一番です。


  


Posted by 醜猫 at 18:43Comments(2)

2008年09月29日

人間不信


夫婦でよく散歩する公園で見かけた野良猫です。

【なんだよ!一切お前ら人間なんて信用しないぞ!】と言わんばかりの目をしてます。

猫のそんな誰にも媚無い所が好きです。
  


Posted by 醜猫 at 13:16Comments(0)

2008年09月24日

捨猫





家の近所の公園は、よく猫が捨てらています。保健所に持って処分されるよりは…と捨てた方の気持ちも解らなくも無いが…。
その前に捨てた方は飼猫の避妊手術をすべきであり、手術をしてればこの様な悲しい事もしなくて済むのに…
最近、雨が降ったり止んだりと天気がはっきりしない毎日ですが、子猫は体力が無いから雨に打たれれば直ぐ死んでしまいます。

毎日散歩の途中にエサを与えて様子を見てます。
元気に生き残るだぞ!!

  


Posted by 醜猫 at 10:25Comments(0)

2008年09月22日

グラビア猫

知人宅の猫です。

どうですか?かわいいでしょう!
美しささえ感じます。
凛々しいですね~
カメラ目線でポーズをとってますね~
撮られる事を理解してるんでしょうね~おりこうさんな猫です。

実はこの猫、捨て猫だったんですよ!

こんな猫を捨てる人間の神経がわかりません!

知人も猫が大好きで、弱ってたのを見つけて、ほっとけなかったと言って拾って保護したものです。



  


Posted by 醜猫 at 08:16Comments(0)

2008年09月21日

感謝知らず猫

家の近所の公園の野良猫です。

猫好きで公園の野良猫の世話をしているおじさんの話によると、捨てられた時は子猫の時で、もう8年位がんばって生き残っているとの事。

いつも私達夫婦が散歩する茂みに住んでおり、非常に警戒心が強く、エサをやろうにもなかなか心を開いてくれません。

彼女(メスで去勢済みとの事)なりに大変な境遇をその警戒心だからこそ、8年も野良として生き残ってきたんでしょう。

胸元と足元が白い靴下猫です。 我々煩わしい世間と闘ってきて疲れ果てた夫婦にとって、いつも癒してくれるとても大事なかわいい猫です。

私達は勝手に「感謝知らず猫」と呼んでます。もうかれこれ1年位の付き合いになります。

なぜ感謝知らず猫なのか、今後ぼちぼち語って行きたいと思います。




  


Posted by 醜猫 at 18:20Comments(0)