2009年03月09日

初心者の大型二種試験合格!!

大型二種免許と言えば路線・観光バス運転が可能な免許である。運転免許の最高峰と言われる免許である。

そんな免許に無謀にも大型初心者の私がチャレンジしたのが昨年の10月からである。大型自動車免許は30年位前に取得はしていたのだが、運転する機会が無く、せいぜい数回マイクロバス位を運転した事がある程度であった。

まぁ、失業中の身で時間を持て余していたから、将来何かの役にでもと思って受験してみた訳である。

当然、自動車学校なんかには行かず、試験場に直接のチャレンジである。今回何とか12回目でやっと合格を勝ち取る事が出来た。 正直ここまで苦しめられる免許だとは思わなかった。本当に苦しかった!
特に私の場合は失業の身で、いつまで続くか判らない毎回の7700円の現金出費が痛い!

大型2種免許は11mロングバスを使用し、半年間有効な学科試験合格後に場内試験(方向転換・鋭角)をパスして初めて場外路上試験にチャレンジ出来るシステムである 試験終了後に合計80点以上の持ち点が残っていて初めて合格となる。

直接試験場チャレンジの費用 1回7700円×12回=92400円 (合格後に免許取得者講習26100円別途必要)

自動車学校の費用は大型1種免許を持っていても30万~40万はかかる事を考えれば合格すれば安いものである。

ただ、合格すればの話であるが、実際、15回来ている人でも不合格を繰り返していた人も居ると聞いていた。だいたいは途中であきらめてしまう人も少なくは無いと聞く。(費用の問題もあるが、そうそうは仕事を休んで来れなくなる人が多いと聞く)
特に仕事を持たれている方は会社が余程理解してくれている会社で無ければ続かないと思う。

しかし、8回~12回位が平均合格回数との感触ですから、根気よく諦めずにスケジュール調整をすれば合格は近づくと思います。

そこで、初心者の私が感じた、これを直さなければ絶対100%合格しない大きなポイントを挙げたいと思います。
(試験の詳細は他サイトで参照して下さい。)

*場内は減点無しでクリアしないとまず合格は遠のくと自覚すべし。
  私は初回から連続4回場内のみで落ちました。恐るべし鋭角!
*ならし走行時に11m.ロングの内輪差の間隔をつかむべし。
*前輪が運転席より後ろにあるという初めての感覚は普段大型トラックを運転している人でも面食らっていました。

「場内」
1、前進・後退・発進時には必ず6点確認をすべし。特にその都度の切り替えし時に忘れている人は絶対合格しない。

「場外」
2、場外でも6点確認を忘れてはならない。
3、普段の普通の安全運転意識レベルのままでは絶対合格しない。
4、交差点の右左折は、これでもか!という意識で徐行すべし。(10キロ以下 殆ど自転車の速度のレベル)
5、交差点内で信号が変わっても速度を上げてはならない。
6、徐行を意識的に実行するパターンは 交差点の右左折・自転車・歩行者・停止車両の横を通過時である。
  不合格者の皆が100%忘れている事は右折レーンに入る時も徐行である。
7、進路変更は早め早めに実施する。


普段我々は交通の流れに沿って安全運転を心がけているが、試験ではそれは通用しないのである。
何故なら、道交法上では徐行は10キロ以下が目安であり、普段の生活運転で、いくら交差点内でも10キロ以下で走るという事は、停止以外にはまず無い状況だからである。
裏を返せば、普段の我々の運転は皆が道交法に違反している運転という事なんです。

私は7回目位の不合格からマズイとあせりだして、自分の車を運転している時にシュミレーション運転をしてました。
よく遅すぎて、パッシングやクラクションを鳴らされました。合格までガマンガマンです。

不思議とこのシュミレーションを繰り返す度に安全運転の意識が不思議と高まって行くものです。


極端に言えば交通の流れの邪魔になってもいいから、必要時の徐行を徹底しなければまず合格は近づいて来てくれないと感じた。




私が参考にした大型二種免許サイト


  


Posted by 醜猫 at 14:54Comments(0)資格試験

2009年01月15日

初心者の大型自動二輪合格!波状路


大型自動二輪の課題走行の中に波状路という課題がある。

写真でわかる通りに道路に不規則の間隔(本試験場でよく見ると間隔は不規則である)で固定された障害物をバイクで通過する課題である。

波状路通過口と出口にセンサーがあり、立ち姿勢で進入しバイクでゆっくりとその障害物を走行するのであるが、途中コースアウトやふらつく事無く6秒以上かけて通過しなければならない課題である。

直接試験場でチャレンジする者にとって、普段練習する機会が全く無いといって言い状況である。

事実、私も動画サイトを参考にしてイメージし本番に臨んだが、最後にふらつきコースアウトをしてしまった。

試験後に同じ仲間に聞いた所、やはり立ち姿勢がヘッピリ腰になっていたという。
なかなかビデオを見ただけでのイメージで実際にやるとでは大違いである。

そこで私は悩んだ末、ホームセンターで角木を購入し(4本購入し400円、それを半分に割り8本にした。)、ホームセンターの無料の作業場でその角木を半分に割り、写真の通りにそれを空き地に敷いて練習した。(20回位繰り返したかな?)

普段、練習する機会が無い波状路はナメてかかると痛い目に会いますから、練習したい方は参考にして下さい。
前後のタイヤが障害物を超える時の衝撃は予想以上に強く、それにびっくりして皆ふらつきます。ふらつくとヘッピリ腰になってしまいますから何度も練習して体感する事です。

特に私みたいに初心者の原付しか乗った事が無い人にはお勧めです。

エンジン音が近所迷惑になりますから、私はバイパスの高架下の空き地で練習しました。当然原付のマグナで練習しました。

詳細は波状路の動画サイト

    


Posted by 醜猫 at 22:15Comments(0)資格試験

2008年12月04日

危険物取扱者試験乙種第4類合格!



とりあえずと思い夫婦で危険物取扱者試験乙種第4類を先月受験しました。

その結果のハガキが昨日届き、恐る恐るハガキを開くと・・・・・

なんと夫婦二人共に合格しました。やったー!!

別に関係する仕事に携わっている訳でも無く、全く化学の知識も無い二人ですが、私が求職中である身ゆえ、少しは資格があれば役にもたつかなぁ~と思い、どうせ受けるならといつもながらの夫婦一緒にと妻を巻き込んでの受験でした。

約1ヵ月半位のにわか仕込みの一夜漬けの様な勉強でしたが、良く合格したと我ながら夫婦で感心してます。

それでも残り1ヶ月切った時は集中して問題集やら直前の講習に参加し、協会が発刊する危険物取扱者試験必携の問題を集中ポイントを絞って勉強しましたよ!

私の結果は化学が60%とあと1問間違えたら不合格のギリギリでした。あぶなかった!!icon118
妻からいつもギリギリのギリ〇と呼ばれてます。そういえば宅建も35点のギリギリセーフでしたからicon119



勉強のポイント
*各石油類や危険物の種類、性質等のポイントは市販参考書の方が簡潔にまとめて表化されているから、これを使用して繰り返し表を書ける様になるまでとにかく暗記です。
*法令も同様 暗記しなければならない事項は市販の参考書の方がわかりやすい。
*問題は協会発刊の問題集を繰り返しやる。

  (市販の参考書の問題はやさしすぎる聞き方ばかりで実際は選択肢が全て専門的な設問が多かったと実感)

そういえば、昨年の今頃も宅地建物取引主任者試験を妻を強引に巻き込み、結果、見事夫婦で合格しました事を思い出します。

昨年はそれはもう必死で勉強しましたょ~ふぅ! 宅建は危険物と違い最低でも半年500時間以上は問題集を繰り返し勉強しないと受からないと実感してます。

(ちなみに宅建はユーキャンが安くて良かったです。私一人申込みして妻に回し読みで二人でやりました)


なぜ妻と二人でチャレンジするかと言いますと、私達二人は何でも一緒にやらないと元来の怠け者人間なので一人ではくじけてしまうからです。
互いにお前より頭がいい!といつも張り合っているからこそ、互いに負けず嫌いな為、あんたには負けない!お前には負けないと刺激し合い、結果okになったと思います。 妻には本当に感謝!感謝です!


  


Posted by 醜猫 at 03:14Comments(0)資格試験

2008年10月14日

初心者の大型自動二輪合格!!

中型バイク免許(普通自動二輪)を合格した時から密かに、この際だから大型バイク免許も取りたいという強い気持ちになっていた。50歳にもなって無謀にも生まれて初めて乗るオヤジである。原付しか乗った事が無い初心者である。

何故か、中型が合格してから、うぬぼれにも今なら合格出来そうなどという自信が沸いてきてしまったからである。

中型バイク受験にチャレンジした時より、ネットで探し出した大型バイク試験場一発合格マニユアルサイトや動画等で調べて研究、原付で実践練習しバイク試験に臨んだ。

追記、ホンダレブルはアメリカンなのでネイキッドタイプの試験車両と乗車姿勢が違い練習には不向き。その為、所有する原付の愛車ホンダマグナのほうがまだ乗車姿勢が近く、練習にはもっぱらかわいい愛車マグナを愛用した。

不思議と不合格を繰り返すうちに自分の欠点や他受験者の欠点が知らず知らずのうちに見えてくるようなるものです。

今回、大型自動二輪4回目のチャレンジで合格!! やった!!!

8月に中型5回で合格!その後、今回10月大型4回目で合格!!

これからバイク免許を取ろうと思っている方!初心者まるだし中年オヤジが大型まで取れましたから、皆さんも試験場でチャレンジを勧めますょ!費用がぜんぜん違いますょ。

自動車学校=大型までセット入校約19万 試験場今回大型まで計9回×4600円=41400円
(取得時講習代金。免許交付料別途必要)

自動車学校は免許をお金で買うようなものです。試験場でチャレンジしてこそ、合格した時の喜びの醍醐味は大きいと感じます。

自分がバイク試験チャレンジで感じた不合格者の殆どが失敗している大きな減点ポイント!
①課題走行より法規走行時でのミスが多いと感じる。

 *乗車時にバイクをまたがった時に右足をついてしまう。(一本橋スタート時以外右足はついてはいけない)
 *乗車してからステップをはらってしまう。(乗車前に払う 降車時も同様)
 *交差点折やクランク等の出入り時に大きく右左振りして出入りする (徐行しながら鋭角に曲がるべし・小回りに出入りする)
 *進路変更時ウインカーを出してから3秒未満で進路変更している。
 *スタート、進路変更時の左右後方の安全確認の未徹底が多い。

②課題走行は脱輪や接触さえ気をつけて完走すれば、さほど秒数が足らなくても許容減点内(-30点)に収まるはずて゜ある。

 *ギア付きの原付で半クラッチを使いながら、いかにゆっくり走れるかを練習しよう!!

私が参考にしたサイト

誰も書かなかった大型自動二輪免許一発試験必勝法
バイク免許、一発試験を1回で合格する「一発必勝方法」

バイク試験動画サイト



  


Posted by 醜猫 at 18:13Comments(0)資格試験