2015年04月14日

ドタバタ劇の初めてのユーザー車検

現在のバイクに乗り換えてから早2年、今年の1月が初めての車検であった。

私のバイクデビューは今から7年前の50歳で250ccのバイクが初めてでした。現在のドラッグスターに乗り換えて、バイクの車検というものは人生で今回が初めてである。

それもいきなりユーザー車検にチャレンジとは無謀と言われても仕方ないが、なにせカスタムバイクの為、バイク屋での車検代も高額になり、ましてやカスタムバイクを車検代行してくれるバイク屋自体が近所ではなかなか無い。

まずは、このバイクを購入時に車検対応条件(構造変更済)で検取りで購入。マフラーのみノーマルに変えれば次回からの車検はOKということであった。

①近所の陸運局に行き、ユーザー車検の手順の確認と予約をしてくる。
*ネットはわからないと言ったら運輸局店頭で予約してくれました。


②この3連休中に簡単な整備とマフラーをノーマルに変更。
*あまりにも静かなマフラー音に驚く
*全体の車検の為の整備(各部点検調整・分解清掃注油)


③車検当日、テスター屋さん(予備車検屋さん)光軸調整依頼(1850円)

*ここからがパニックの始まりでした・・汗

光軸調整可も全体の光量が足らずこのままでは本検は通らないとの事!! ガビ~ン・・・汗

光量合格ラインが150以上が現90~100・・汗
いろいろ試してくれるも改善せず・・・

古いアメリカンの場合は殆どが光量不足で不可らしい。
(ここで1時間以上かかり先に車検の受付を済ませた方が良いとの事で受付にダッシュ! 汗・汗)

*いろいろなアドバイスにてなんとか光量150以上確保!(具体的にはいろいろ弊害がありますからからご理解下さい)

④いざ車検本番へ

*光軸・光量OK(やった~!!)も結果惨敗!不適合!ガビ~ン!汗・汗

不適合箇所
*片側ウインカー点かず(当日自宅にて確認済も・)
*車体幅相違
*リフレクター
*ギア表示無し

当日(16時まで)3回までなら検査手数料無しで再検査ができるとの事。(あと1時間しか無い・・汗)



⑤上記、不備箇所を40分で整備(残り20分・汗)
*ウインカーはタマ切れ
(2輪館へダッシュ!交換)
*構造変更車検に変更
*リフレクターとギア表示シールはテスター屋さんで購入

⑥いざ車検本番2回目(残り10分・・汗)
*各指摘箇所クリアー
*継続車検から構造変更車検に切り替え
(車格を全て測り直し)
追加印紙300円と申請用紙記入提出!
(敷地内の運輸局にダッシュ!残り5分・・汗)

そんなこんなでドタバタしましたがやっと当日中に合格しました~!!泣

申請用紙代   60円
光軸調整  1850円
重量税   4400円
検査登録印紙 400円
検査登録印紙 300円
(構造変更)
審査証紙  1300円
自賠責保険13640円
リフレクター 700円
ウインカー球 486円
ーーーーーーーーーーーーー
合計   23136円



反省点と改善点

*不適合箇所の把握と整備の為 車検予約は午前中の方が良い。(自宅が近くて良かった~!)
*陸運局によっては基準解釈が違うらしく、車幅はハンドル幅では無く、あくまでもその車両の車幅等
自分の場合にはステップが車幅になるとの事
*ヘッドライト(150以上の光量)交換予定

上記、全くの素人のユーザー車検でしたが、大変勉強になりました。

これからユーザー車検にチャレンジしようと思っている方がいれば少しでも参考になれば幸いです。



同じカテゴリー(ドラッグスター)の記事画像
秘密にしておきたいランチスポット・タンデムプチツー
LED電飾にチャレンジ!
DSでタンデムプチツー!
同じカテゴリー(ドラッグスター)の記事
 秘密にしておきたいランチスポット・タンデムプチツー (2015-06-18 16:57)
 LED電飾にチャレンジ! (2015-04-03 09:31)
 DSでタンデムプチツー! (2014-01-09 09:46)

この記事へのコメント
X1さんコメどーもです。

初めての経験で緊張しましたが、いい経験になりましたよ。
Posted by 醜猫醜猫 at 2015年05月20日 14:59
良かったですね。やれば出来るんですよ。
僕は明日持ち込みです。
Posted by X1号 at 2015年04月30日 21:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。